平和と観光ガイド 広島P2ウォーカー

ヒロシマの心を世界に 2017

これらのアニメーションは、広島市と国際アニメーションフェスティバル実行委員会事務局が学校関係者等と連携して、 広島市内の中学校・高校の美術部等が取り組む平和・広島をテーマにしたアニメーション制作を支援する事業によって制作されたものです。

広島市立二葉中学校美術部制作

「その時」(5分50秒)

平成29年(2017年)

『ヒロシマの心を世界に2017』の開催にあたり、広島市立二葉中学校美術部の皆さんが、原爆により日常が壊れていく恐怖、戦争の悲惨さを伝えるアニメーションを制作しました。

広島市立庚午中学校美術部制作

「全ての平和に折り鶴を」(2分34秒)

平成29年(2017年)

『ヒロシマの心を世界に2017』の開催にあたり、広島市立庚午中学校美術部の皆さんが、平和の願いが遠くまで届いてほしいという思いを込めてアニメーションを制作しました。

広島市立祇園中学校美術部制作

「ありがとう」(2分21秒)

平成29年(2017年)

『ヒロシマの心を世界に2017』の開催にあたり、広島市立祇園中学校美術部の皆さんが、「ありがとう」をテーマにしたアニメーションを制作しました。

広島市立温品中学校芸術部制作

「大切な人たち」「心のてんびん」「えんぴつ君と消しゴム君」「終わりのはじまり」(3分59秒)

平成29年(2017年)

『ヒロシマの心を世界に2017』の開催にあたり、広島市立温品中学校芸術部の皆さんが、「大切な人」「いじめ」「思いやり」をテーマにしたアニメーションを制作しました。

広島市立大塚中学校美術部制作

「大切な存在」(1分47秒)

平成29年(2017年)

『ヒロシマの心を世界に2017』の開催にあたり、広島市立大塚中学校美術部の皆さんが、「身近な平和」をテーマにしたアニメーションを制作しました。

広島市立基町高等学校創造表現コース制作

「影」(5分25秒)

平成29年(2017年)

『ヒロシマの心を世界に2017』の開催にあたり、広島市立基町高等学校創造表現コースの皆さんが、栗原貞子さんの「ヒロシマというとき」という本の中の、「影」という詩をもとにアニメーションを制作しました。

ヒロシマの心を世界に 2016 ヒロシマの心を世界に 2015 ヒロシマの心を世界に 2014