平和と観光ガイド 広島P2ウォーカー

旧広島県庁を高校生がCGで再現

68年前の原爆投下で壊滅した旧広島県庁が、
CG=コンピューターグラフィックスで、被爆前の姿によみがえりました。
制作したのは、広島県立福山工業高校電子機械科の生徒さん達です。
今回の旧県庁の再現は、2015年の被爆70年に向けて、
爆心地から半径1キロにあった街並みを再現するプロジェクトの一環でもあります。
RCCテレビ「NEWS 6」で放送したVTRをご覧下さい。
(2013/5/24 放送)